--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月04日 (13:02)

テイク 5

どうしてこんなことに
「気づいた」んだろう
僕の身体は身動きできなくなった
ベッドに横たわる「毛布の重み」
必ずいなくなる日が訪れることを知っていた
要するに僕は「時限爆弾」のようなもので
ただ違うのは爆発しないで消えること
「言葉」を吐き出してこの記録は
紙や磁気によってとりとめられている
だけに過ぎない
「意味」のない毛布の中で
有機ELが「君の名前」を表示する
ああ、君は残したんだね世界に
「心」を 僕はなにも残さないで
たぶん消えて 「それでいい」
必ずいなくなる日が
訪れることを
知っている
リピートできない毛布の中で
リピートする音が爆発する
身動きできなくなった僕の身体の
心拍数は「ゼロ」になって
爆発した僕の宇宙が「はじまる」
カテゴリ : 散文詩記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/96-bebce384
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。