--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年09月18日 (10:14)

パラレルワールドの夢

部屋の窓の外の風景が変わる。どこかの都会の雑踏の風景。
私はそばに好きな店があるから喜ぶ。
窓の外の風景を元に戻す。
戻し方は…、
部屋の隅のコンセントから
何度もその窓の外の世界を変える為に行き来する。

父も気に入っているようだった。
或る日、帰ろうとすると、
コンセントにブザーが取り付けられていた。
父が気に入って帰りたくないのかな。

その部屋に思いだしたように居た、
妹にそのことを言って、一緒に帰ろうとした。
でも勝手に留め具を外すと、父にばれそう。
そこに父が帰ってきた。
「これは他の人が勝手に使えないようにする為だった」
と言う。俄には信じられないが、確かに
その世界を行き来するには、
命がけだから、と納得した。
周りにいつの間にかいるどこかの少年たちが
「命がけだってさ」と囁き合う。

それはもうひとつの世界だった。
都会の雑踏の風景。
私はもうひとつの世界にいたのだ。
そして今、私は「この世界」に戻ろうとしている。
すると部屋の奥にいた母の顔が曇りだした。
なぜだろう?
永遠に近いような一呼吸の間が問いただす。
妹はもういないのだという。
元の世界ではもう死んでいる。
なぜそんな大事なことを忘れていたのだろう。
もうひとつの世界にいると、
もうひとつの世界の記憶が捏造される。

私は妹のいない元の世界に戻らなければならない。
そこで目が醒めた。涙が溢れていた。
こんな凝ったパラレルワールドの夢を見るのは初めて。
続きを考えた……。
もしかしたらもうひとつの世界では、
もうひとつの私は死んでいたのかも知れない。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/84-1238a97e
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。