--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月13日 (22:11)

いつだって

まったく同じはずの言葉が
ときに勇気づけてくれて
ときに悲しみを消してくれて
ときに喜びをはこんでくれて
ときに世界を輝かせてくれる

そんな言葉があるのは倖せで
それを分かち合える人を
見つけられたことはもっと倖せだ

いつだってその言葉は
まったく同じに見えるけれど
いつだって違う意味にもなるから
決して嘘にはならなくて
だから信じることができるんだ

君が消えてしまって 私は悲しくて
けれど私までいなくなったら
君が哀しむと想い 気づき
そんな時 思いだしたいつもの言葉
そんな時 思いついたいつもの言葉
これからも その言葉が
いつだって勇気づけて
いつだって悲しみを消して
いつだって喜びをはこんで
いつだって世界を輝かせるよ
カテゴリ : 散文詩記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/5-5512c10f
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。