--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月29日 (21:30)

多面体テレパシー

物事を両面的乃至は多面的にみることが必要だ。ひとつの事象は、同時にふたつの視点からみれば全く逆のことのようにも見えてくる。極端な一般論を引き合いにすれば、不幸だと想っていたことが、実は幸福だったなどということもあるやもしれない。そんな説教じみたもっともらしい論説は実は詭弁なのではないかと訝しむことで推論を深めることにしてみたい。

プラス思考やらマイナス思考やらという思考そのものがもはや着眼点としてずれている気がしなくもない。抑もプラス思考と云っている時点で、既にそれ以前に何かしらのマイナス的要因があることを想像させ、それを乗り越えようとしていることを先駆的に予見させるからだ。もしくはプラスとマイナス因子が同時に存在し、どちらに倒れ込むか(当事者の名誉を重んじて選択するかと言い直してもよいが)によって自らに折り合いをつける行為に過ぎないと考えられる。

いずれにしても肯定か否定によって成り立つきわめてデジタルな思考回路は、皮肉にも論理的に破綻しやすい。部分否定が全否定になることもあるからだ。たった一言の言葉が、今まで築いてきた全ての信頼を失うこともあるように。小さな部分が、大きな全体を否定することができるのである。それをしないことは難しい。小さな部分という事実は、当事者には大きな部分であり小さな全体にもなるから。はたまた小さな部分を見いだした途端に、大きな全体は不確実になり、大きな全体を見いだそうとすれば、小さな部分は見えなくなってしまうというハイゼンベルク的なジレンマにも陥りそうである。

ここまで書いて私はどういう結論を求めているかというと、始めに書いた「物事を両面的乃至は多面的にみることが必要だ」を否定する方法を見いだしたかったのだ。畢竟、簡単に云ってしまえば「物事を両面的乃至は多面的にみることが必要ではない」ということになる。それならその根拠を示せと云う流れになるのは必定だ。仮にふたつの見方が出来たとしても、それを歩むとなればどちらかひとつを選ぶということになる。選んだ結果の正誤は問題ではない。どちらもが正しい場合もあるし、逆の場合もあるからだ。そもそも見方がふたつなのであって、事象はひとつなのである。考え方次第で事象は変化することはない。捉え方が変わったのは当事者の問題であり、環境や状況はなにひとつ変わらない。

喩え捉え方が変わり、心境が変わって、仮に幸せだと思えたとしても、それは誤魔化しているにすぎない。とするならば、もはやみることは必要ない。何もみないように目をつぶっていればいいのだ。全ての関係を断絶してしまえばいいのだ。この世はすべて偽りであり虚像である。なんとも虚無的な流れになってきたが、ここまでくれば「物事を両面的乃至は多面的にみることが必要だ」ということが背理的に証明されたようなものだろうか…。いやそうはなりたくない。なんとなくどうしても。必要であるという場合と、必要ではないという場合のどちらにも納得のゆくエレガントな思考回路が確立されなくては、選択するという大いなる意志の尊厳を否定してしまいそうだからである。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/323-b033557f
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。