--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月13日 (01:29)

何も考えずにここまで歩いてきたけれど

それが正しいかなんて誰が決められる

いつだってぼくは外しか見えない瞳の中にいて

本物の太陽を 鏡の中に探していた愚か者だ

夢にさえ気づかされて 朝は驚きに満ちている

今が正しいかなんて 誰も決められない

遠い未来にある道にさえ

鏡の中には偽物しかないのに

そこから飛び出た炎にぼくは焼かれた

燃えてゆく中でそれが本物だとやっと気づいた

それが正しいは やはりぼくには決められない

決めるということは 許すということだから

それは過ぎゆく時の中で 決められること

だからぼくはこれからも 何も考えずに歩いてゆく
カテゴリ : 散文詩記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/298-80829ee9
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。