--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年09月06日 (22:37)

無題

いままでとても大切で価値のあると想っていたものが、手にした途端に、脆くも瓦解してしまうということはおそろしい。だが言葉は手にするまでもなく、想像だけで壊してしまうからもっとおそろしい。そもそも言葉にできてしまうという段階で、それは大したことがないと考えることもできる。すみずみまで説明しすぎて、一切の隈がなくなり、ますます難解の森に迷い込みたくもなるだろう。言葉をいくら難解にしても、それはわかりづらく敬遠されるだけであり、決して何か新しい表現ができるわけでもない。絶望しても意味が解るわけでもない。何もわからない方がいいとさえ思えてきて、私は私自身を手にしてはいけないような気がしてきて、いくら探しても言葉と言葉の間には何もないけれど、何もないものを探すことでしか、言葉を超えることはできない。誰からも理解されないために、誰からも判断されないために、言葉の明快さを厭いながら、曖昧さを求めて、その言葉の中に心と体を同時に宿したその時、私はいなくなってもいいと想い、誰かが私の言葉を引きちぎって行き、それが世界中に広がると、きっとその言葉を手にした世界は脆くも瓦解して、終わってしまって、だからたぶん私は生き続けることができるんだ。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/261-3466d598
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。