--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月10日 (01:56)

光の歌

太陽が光ると月は涙した 地球はそれをみて動きだす

短歌の解説

太陽と月と地球。一見、離ればなれで何の関係もないのに、見えない重力という力によってお互いに影響し合っている。そして私はそのことを普段、忘れながら暮らしている。こんなに身近にあるのに、人と人と人との間にさえ、そういう見えない関係がある。それは「幸せ」だとか「愛」だとかいう一見、嘘くさくもあるが果てしない重力をもった言葉になって繋がり、そして私はそのことを普段、忘れながら暮らしている。あるとき私にとってとても大きな存在が現れる。彼女は太陽だ。まるで光を放っているように眩い存在に、私は忘れていた何かを思いだして落涙する。そのとき私は月になる。そしてきっと地球は明日への希望となって動き出すのだろう。目下…、私にとっての太陽はモニターに映りてはヘッドホンに流れる歌声であり、希望は手付かずなまま机上に山積している。
カテゴリ : 短歌記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/21-02e2ea02
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。