--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月31日 (10:32)

ひとつのもの

ひとつのものには、ひとつの形、ひとつの意味しかない。
これはものを名づけてしまうことで陥ってしまう誤謬だ。
ひとつのものは、本来、たくさんの形をしていて、たくさんの意味が眠っている。
ひとつのものは筒状になっていて、全てが通過する可能性がある。
そして何かが通過することで、まったく別のものにさえなりえる。
私がこの世界に存在する前と、おそらく私が死んでいなくなった後の世界。
それは一見すると、何も変わらないけれど、
私がこの世界に存在したという事実は、決して消えることはない。
だがそれも私がいない世界と名づけてしまった途端、同じものになってしまう。
名づけることは、空間に、時間に、トイレットペーパーの芯に
蓋をすることだ。底ができて、天井ができて、
閉じ込められたひとつのものがもがいている。
言葉は今こそそれを解放しなくてはならないのに、
相変わらず、多くのものを名づけている。
愛とか、歌とか、幸せとか、その意味を本当に知っているものなどいないのに。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/187-605cc7d3
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。