--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月15日 (14:47)

赤い花

赤い花を見る時、赤い花は赤い花として見えている。そして目をつぶり赤い花を思い浮かべると、赤い花を見ていた時と同じような感覚がそこにもある。心に咲く赤い花。よく見ればそこは真っ暗で、色すら見えていないのに、赤い花を見ていた時と同じような感覚がある。でも現実の花とこの想像の花はまったく違う。

夢の中でときにこの感覚質が逆転することがある。夢の方が鮮明に感じる。それは何故か。現実の感覚よりも、想像の感性が上回るからだろうか。一体何の為に。今日、夢の中で「生命のはじめの葉」を見た。その一枚を見上げれば、幾千もの葉たちが頭上を覆い、光輝く木もれ日が眩しかった。目が醒めてから、どんなにそれを正確に思い浮かべようとしても、全く同じ感覚は得られない。この点ですでに夢は現実を超えてしまっている。

夢は、現実をより現実らしく見えるようにするために見るのかも知れない。ときとして現実よりも眩しく光ることによって、また現実にもその光を与えようと。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/154-8f198615
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。