--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月20日 (00:04)

欠落こそ

欠落があるからこそ、詩として成立する。物語の主人公は必ず何らかの欠落を抱えている。それを補う為に出る旅が物語となる。そこに共感するということは、完全な人間などには人の心を動かす力はないということだ。欠落があるから人間であり、欠落そのものが詩であるなら、人間自身もまた詩である。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://crazyhal2007.blog100.fc2.com/tb.php/109-7ba3d664
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。