--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月27日 (06:25)

五行詩

涙して 笑いたい あなたのように

あなたを信じた 私自身を信じられるから

裏切るのは あなたではなく いつも私自身です

この二重の罠を仕掛けて 陥穽に落とさなくては

決して逃れられない 信実の深淵に
スポンサーサイト

2011年10月10日 (20:35)

五行詩

であるからこそ 希望を抱いて

たとえ明日 消えてなくなろうとも

今 この瞬間を 精一杯に 駈けぬけて

流れる雨のように 晴れ渡る太陽のように

涙して 笑いたい あなたのように

2011年10月02日 (08:34)

電脳コイルAR雑感

ARとはAugmented Reality(拡張or増強現実)の略。電脳コイルの中でのそれは、世界そのものが電子化されて、尚且つその重なりがユビキタスレベルで保持されているシステムのようだ。路地の片隅に生える雑草、その下にある側溝にまで、電子化の波は及んでいるようで、なんだか考えただけでも眩暈がしてくる。なんでもない風景がデータ化されることで、価値観を再獲得できる感覚が巧く表現できないが、電子化されることで、現実は裏付けされ「拡張」されるのではなく寧ろ「増強」されるのだろう。拡張現実の中には、もちろん「自分」もデータ化されていて、それはドッペルゲンガー宛らに、同じ姿をしているが、電子空間座標と現実空間座標の差異が現れない限りは観測することはできない。まるで自分の心と肉体が重なっていて、心そのものが見えないかのように虚ろだ。考えてみればこの脳内に於いて現実はマッピングされていて、肉体は物理的な制約内に止まっているが、心は本来的には物理的制約を超越できる蓋然性を秘めているし、現にそうである場合もある。しかし物理的な制約を、無意識的に心にまで波及させていることに気づかされることも多々ある筈だ。現実の制約を、仮想の世界にまで波及させているように。それでもまったくの自由という構造がありえないのは、肉体が滅びれば心も(おそらく)なくなり、現実がなくなれば虚構も(おそらく)なくなるという構造に内包されている。この(おそらく)の中には、 心が滅びても肉体が在り続け、虚構がなくなっても現実が在り続けるのに、その逆がないのはおかしいという不条理への懐疑に近い感情も、勿論、含まれている。このように虚構によって現実が拡張されるように、心によって私の世界は拡張され続けている。
Calendar
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。