--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月27日 (00:33)

思い返せば

 若かりしころは幻滅の嵐だった気がする。ひたすら他者に対して、世界に対して幻滅して、それを言語化しては表明することで、自我を形成しているようにさえ思えた。好意をもった人や尊敬する人にさえ、ほんの少しの曇りを発見しては勝手に落胆して幻滅して、それを言葉にして表現することで、世界は他者はもしかしたら変わるかも知れないと云う、独りよがりな想いを抱きながら生きていた。

 最近になって、なぜそうだったのかがやっとわかった。僕は性善説におかされていたのだ。極論ではあるがそれならば逆に性悪説をとりこめば幻滅は回避できる気がした。つまり最初から世界は、他者は最悪の状態だと措定してしまえば、楽になるかも知れないと云う希望的観測。

 そうだ絶望しながらでもスキップはできる。常に動いていないと不安。だけど僕にはこの今しかない。今にいつづけるしかない。今から逃げることはできない、という絶望から逃れる為のスキップ。幸福なんです、という無限地獄へ落下しないためのストッパー。

 予想外にこの心理作戦は功を奏して、僕の世界には「どうせ~だろう」という断定的推量が渦巻いた。希望は闇の中に落とさなければならない。予感は予感のままでいいから、何もはじまらない方がよい。永遠に未完成の今が好きだから。最悪の世界で、太陽さえも最悪の光を放ちながら、温暖化を助長し、僕のつけた蛍光灯の電気はプルトニウムとか原油とかを燃やして、やがてどこかの名も知らない鳥たちを殺すだろう。水を求める見えない人々のことを忘れて、手を洗う。それが涙のようにさえ見える。

 あらゆる思考が、帰納的かも演繹的かも判らぬままに、ひとつに収斂する。ふと視界左に置いてある、写真に写る君の姿を視て、もう死んでしまったような気がする。そしてまだ生きていることを思い出す。素晴らしい。それは君が生きていることがではなくて…「今の僕には、君がもう死んでしまったとしか思えないのにもかかわらず、まだ君が生きているというまぎれもない現実」が素晴らしいのである。

 エスカレートした世界。もう今のいまに自分が死のうとも、そのことに恐怖感を微塵も感じていない自分に気づいた。以前なら、そんなのは真に死の先駆的諒解ができないことの証であり、偽りであると自嘲したり、自殺者が積極的な意志からではなく、消極的な無意識からその行為に及ぶ警鐘を鳴らすことを思い出したりしたけれど、今はただその内的事実に安堵する余裕さえ生まれたようだ。

 どうせ~だろう、という絶望。そこを出発点にするか、終着点にするかで、まったく正反対に僕の世界が動き始める。
スポンサーサイト

2008年02月14日 (11:20)

夢日記

路上で、変な踊りを踊る。脚を交差させて180度回転。それを繰り返して回り続ける。これは何かの撮影でドラマのエキストラ。私はその中のひとり。誰かにみられている。視聴者?を意識している。ふと後ろを振り返った瞬間。妙な顔の老人が座る。妙な化粧をしてとにかく妙だ。ある日、ある芸術関係の本をヴィレッジで立ち読みしているとそっくりの老人を発見する。この人に違いない。だがよくみると顔のマスクや服の配色が違うような気がする。人間の記憶の曖昧さとパターン化の単純さに失望。もう一度パラパラとページを捲るが、そのページが無くなってしまう。おそらく私が愛想を尽かしたことに落胆したページが絶望したのだろう。このことを忘れないように、メモをとる。どれだけ具体的に書けばいいのか。「へんなおどり、ろうじん」うまくhんkんさrないでやきもきする。おそらく忘れるだろうという記憶を、なるべく具体性を付加することで焼きつけようと試みる。――ディゾルブ――洞窟の最奥まで行く。人々が戦っている。これはCall of Dutyの夢だ。グレネードを投げ合っている。「Nice Catch ball」だがなかなか爆発しない。本物の野球のボールだったらしい。人騒がせな。私はC4爆弾を仕掛けて次々に人を殺す。「銃が人を殺すんじゃない。俺が殺すんだよ」前夜にみたポスタルのプレイ動画の影響。洞窟の最奥で、弱り切った少年を発見。超能力を使って、物体を浮遊させている。勿論、私も超能力は使えるから応戦するが、人間であることを知り、人間は殺したくない、君もだろ?と言って説得。どうやら衰弱していたようだ。洞窟は迷うから、早急に地上に連れて行き、私の所属する本部の医療チームに搬送。症状を伝え、治療を施し、一命を取り留める。ある時、女がヒステリックに言う。私の扱いがなっていない、私を怒らせないでと。その家族は何も言い返せない。私は思い出すように言う。あの日のことを。恩着せがましいと思われてもいい。論理的に情に訴えるという己の特技にやや酔いながら。あの時、私が助けなかったら、君は死んでいたんだよ。あの日の、感謝を思い出しなさい。思いだしたらしい女は涙する、私も釣られて。覚醒。
Calendar
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
Category
Recent Entry
Monthly Archieve

Appendix


内部リンク

Connect

Twitter
Links
RSS
Search
登録ツールズ+
Visitor

リンクを画像表示
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
言言言言言言言言言言言言言海海海海海海海海海海海海海波波波波波波波波波波波波波列列列列列列列列列列列列列
リンクフリー・アンリンクフリー。無断転載・無断利用を禁止します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。